Soloist blog

音楽 読書 カフェ 雑貨屋めぐり 日々のこと
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
SEARCH
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
twitter
100万人のキャンドルナイト
新潮文庫の100冊
ブクログ
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
梅酢で紅しょうが作り
残った梅酢を使って紅ショウガをつくります。

今まで、
紅しょうがって、全部着色料かと思ってました。

本来は梅酢の色なんですね。
なるほど。



しょうがです。

皮の汚れているところを、
包丁でへつってきれいにします。



それから、スライスして塩水に一晩つけておくのです。



水が出て梅酢がしみやすくなるのだとか。
このしくみって、生物で習った、浸透だよね。
ほほー


うめ | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0)
うめ(梅干し完成)



土用干しをしたうめを、
梅酢へ再び戻します。


梅酢へさらっとつけてからつぼの中へ。
しそも梅酢で濡らしてからうめにかぶせます。

梅酢を上からうめがひとつぶん出るくらいにいれて、
完成!


あとは待つだけー

うめ | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0)
うめ(土用干し)
200807221603000.jpg
おとといから、
うめたちが、
梅酢からだされて、
干されています。


そばに近づくととてもいいかおり。

夜に家の中にいれると、
うめのかおりがただよいます。

ついつい梅干しを食べてしまう。


一応これでできあがりだけど、
うちでは、また梅酢に漬け直して
やわらかくします。

来年から食べるらしい。
うめ | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0)
うめ3(梅干し)
さてさて、
うめぼしがどうなったかというと、



梅酢(梅からでた水)に浸かっております。

今日はこれに赤じそを加えます。

昨日、2kgのうめに対して200gのしそが、
洗って干してありました。



めっちゃ量多いなーと思ったけど、

今日、塩でもんだあとの彼らをみたら、
手のひら大のかたまりひとつになっていました。

初めにもんだときは、
黒紫のあくがでてくるんですが、
それをとりのぞいて、
もう一度もむと、きれーいな紫色がでてきます。

それに梅酢を加えると、
あざやかな赤紫色になりました。

そして、
そのしそたちを、うめの中へ。



これで終わりです。
あっという間です。


あとは、7月20日頃に土用干しをするそうです。

楽しみ楽しみ。
うめ | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0)
途中経過(梅酒)


梅酒の途中経過。

氷砂糖がとけて、うめたちが浮いています。
うめ | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0)
うめ2(梅干し)
さてさて、今日はおばあちゃんの指導のもと、梅干しを仕込みました。

まず、


ヘタを、



一個ずつ竹串で取りまして、

それから、
カビ防止のために焼酎に軽くさらして、

つぼへ。



間に塩をいれつつ、
つぼへ入れます。

今年は2kgのうめ。
昔は4キロ、10キロと漬けていたそうですが、
最近は少なめ。

1kgに対して200gの塩を使います。
思っていたより多くない。
いや、まぁまぁか。



これで、おもしをします。




できあがり。

2,3日したら、
うめの水、梅酢ですね、が出てくるそうです。
たのしみー♪

さっきは、まだおもしが出ていてふたができませんでしたが、
さっきみたらおもしが沈んで、
ふたができるようになっていました。

おばあちゃんの梅干しはとてもおいしいのです。


思ったより作業は簡単であっという間に終わりました。
これなら一人でできるかも♪
うめ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0)
うめ
200806141722000.jpg
梅干しになるまえの梅たち。

梅酒の梅と違って、
黄色く熟して、
もも系のあまい匂いがします。
うめ | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0)
梅酒
200806081855000.jpg
おばあちゃんたちが、
今日梅酒をつくりました。
うめ | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |