Soloist blog

音楽 読書 カフェ 雑貨屋めぐり 日々のこと
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
SEARCH
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
twitter
100万人のキャンドルナイト
新潮文庫の100冊
ブクログ
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
トリツカレ男
日々の行動を改める機会があり、
やっと決まったバイトが始まったり、
あとまたたくさん本を読もうと決めて、
いろいろ読みました。

就活関係のものと、
ふつうの小説やらを平行して読んでいます。
最近、前ほどは読んでいなかったので、
またおもしろいです。

大学の、別キャンパスの図書館には、
だいすきな新潮文庫が全部そろえてあるので、
そっちのキャンパスに行ったときにまとめて借りたり、
取り寄せたりしています。



で、まず、
昨日読み終わったのは
佐藤友哉さんの「子供たち怒る怒る怒る」

実はこの方は島本理生さんの元旦那さんで、
興味を持っていたけど
あんまり本を見かけなくて機会がなかったんですが、

学校には文学雑誌もあるので、
たまたま『群像』に佐藤さんの書いたものが載っていたのを見つけて読んで、
さらに気になって、

そしたら、図書館の新潮文庫の棚に発見して、
借りました。

あんまり普段読むタイプの感じじゃなくて、
すこしグロい描写があったりとか、
難しかったりして。
でも印象に残りました。
もうすこし別のも読んでみようと思います。



それから、さっき読み終わったのが、
いしいしんじさんの『トリツカレ男』

去年かな、
クラムボンの郁子ちゃんが、
この作品の舞台で、主人公に恋されるペチカの役を演じていて、
どんな作品かなとか、
ペチカってどんな子かなとか
気になっていたんですが、

また新潮文庫の棚に発見したので借りました。

薄くて、
文字と文字のあいだがちょうどよくて、
ひらがなもすきな感じで、
文庫だけど本自体も気に入ったし、

話も、
トリツカレっていう言葉から、
なんとなくイメージしていたものとは違って、
とてもかわいらしくて、
裏表紙に書いてある通りピュアで、
一番いいところでは電車の中だったけど泣きそうでした。

いつか買って、
手元に置いておきたい本です。




読書 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
帰れない
いろいろ書きたいことがあったけど忘れていたり
なんやりかんやり。

島本理生の新刊読みました。

「真綿荘の住人たち」

やはり書くもの、書き方変わっていくのね。
読み返し回数が少ないせいもあるだろうけど、
最初のほうの作品がすきだ。
「シルエット」やら「リトル・バイ・リトル」やら
「ナラタージュ」やら。

今回のは、もう一回読み返す必要がある。
ちょっと眠い中で読んだから理解が足りない。
すこしわかりにくかった。

ついでに気になったから、
文藝を島本理生特集のために買って読んだ。
書き下ろしもあったから読んだ。
ふむふむ。またこれもちょっとわかりにくかったぞ。
もう一度読むべし。いつになるやら。



もうすぐ、軽音の卒業生を送り出すための、
追い出しコンサートがあるので、
それの練習に追われております・・・
なかなか深夜練習などでおうちに帰れなかったりするのですが、
先輩とバンドできるのはうれしい!

今から数日分のお泊まりの用意をして、
ピアノを思う存分練習してから寝ます!



読書 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0)
ノルウェイの森
今日は、軽音のミーティングの前にレポートにとりかかろうと
少し早めに学校に行ったんだけど、

JRの駅を降りたら雨がざあざあ降っていて、
それも風で横流れになるから
ホームでも服が濡れて、


バスで学校に行ったけど
履いていた布の靴がびしょぬれになったりして
なんだか気がそれてしまって


しかも、いつも貸出中の、
村上春樹の作品集のなかの『ノルウェイの森』が並んでいたから
読み始めてしまいました。


ここ何ヶ月か、
ずっと読みたいと思っていて、
でもちょうど手元になかったのでどうにもできなくて。


ひさしぶりに読んだら、
やっぱりだいぶん忘れていて、

ミドリのことは好きなのでよく思い出していたけど、

レイコさんのこととか、
キウリのこととか、ひさしぶりでした。



さっき読み終わってしまったけど、
さらさらーっと読んでしまったので
いろんなことを深く考えるには至りませんでした。

それより、
今は本のことを考えるより、


今日はすこし驚くことや
うれしいことがあって、
それについて考えています。




読書 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0)
うみのふた
よしもとばななさんの『海のふた』、

図書館に文庫があるのですが、

手元においておきたくなって買ってしまいました。



海にいきたいー



読書 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0)
本を買いました
軽音の練習に行く前に本屋に寄ったら、
島本さんの新刊を発見しました。

本屋に行ったら、
まめに島本さんの新刊が出てないかチェックしているのに、
この本も出てから1ヶ月以上たっていました。

でも、出会えてよかったー

迷わず買って、

さっき帰りの電車の中ですこし読みました。



ほんとは、
他にも読む本がたまっているんですがね・・・・



読書 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0)
birthday
 忘れていたけど、

この前七本松通りを歩いて下った日に、
京都市中央図書館に行って、
講談社の雑誌「群像」の2006年10月号を読んできました。

なぜかというと、
島本理生さんの「Birthday」という短編が載っていたから。

wikiでいろいろ見ていたときに、
この短編が第33回川端康成文学賞候補になったというのを見て、
読みたくなったので。

学校には、この類いの雑誌はおいてないので、
調べたら中央図書館にあるし、
すぐ行けるところにあるし、
というわけで行ってみたのです。



「Birthday」は、少し怖かったかな。

主人公の女の子の誕生日パーティから話が始まって、
その子の語り調で進むのに、
実は女の子はそのときには死んでいて、
うーん、天国から?あの世から語っている設定なのかな。

死んでいると気付いたのが、話の本当に後半だったので、
ちょっとどきっとした。
死んでいるとわかったうえで初めの方を読むと、
確かに、生きているとしたら不自然。
ふむふむ。



せっかくわざわざこのバックナンバーを書庫からだしてもらったので
他の短編もいくつか読みました。
知っている作家さんのだけ。

新しい作家さんを発掘しろよ!と思いながらも。

読書 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0)
ガラスの仮面
 ほっとしたので
帰りに京都駅をぶらぶら、
本屋で昨日発売のガラスの仮面最新刊を購入。
わーい


真澄さまがすきなので
ぜひ真澄さまにぜひ頑張っていただきたい・・・
桜小路くんが嫌いなわけではないですが。



追記

ところで、
ジュゲムの新しい作戦なのか
前みたいに商品の画像を出せなくなったみたいです。
うーん

レビューを書くと、
たぶん出せるんですが、

なんかそんなたいしたこと書いてないし、
ほしいものも載せてたから
まだ感想とか書けないし、
ちょっと不便になったなぁー


今みてみたら、
 HTMLモードというのを使えばよいみたいですが、
タグがぶわぶわーっと表示されて
なんかやだなー

うーん


読書 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0)
ノルウェイの森
そういえばね、

『ノルウェイの森』が映画化されるそうです。

ヴィレッジヴァンガードで、
映画化!と書いてある、文庫版の帯の横に
「たのむからやめてくれ」みたいなコメントが書いてあるのを、

この前、しばらく前に見ました。

私もやめてほしいです。
まぁ、見ないだろうからいいか。たぶん。



読書 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0)
気になった本、買った本!!!
ここ最近の、私の気になった本、買った本をメモします。
ちなみに恵文社での出会いが多いです。


乙女の金沢―カフェ、雑貨、和菓子、散歩道…かわいい金沢案内 (マーブルブックス)
乙女の金沢―カフェ、雑貨、和菓子、散歩道…かわいい金沢案内 (マーブルブックス)

買いました。
かわいい。今すぐにでも金沢へ旅行したいです。


カフェさんぽ 京都編
カフェさんぽ 京都編

愛用している『雑貨屋さんぽ』と同じリベラル社。
買っちゃいました。
『乙女の金沢』と同じ日に。はやくカフェめぐりもしたい。



経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
佐藤 雅彦,竹中 平蔵

今売れているみたいです。
さっき、買ってきました。
図書館で借りたくて、予約していたのになかなか借りれないし、
いざ借りたら、ほかの本を延滞してて借りれないし、
わたしってばかだー
と思いつつも、読みたいので買ってしまいました。
佐藤雅彦さん
が、マイブームです。



ほしい!

小さなビオトープを楽しむ本 (趣味の教科書)
小さなビオトープを楽しむ本 (趣味の教科書)
平野 威


チェコへ、絵本を探しに (私のとっておき)
チェコへ、絵本を探しに (私のとっておき)
谷岡 剛史

神戸のチェドック zakka storeのオーナーの本です。
読みたい。


眠れなくなる宇宙のはなし
眠れなくなる宇宙のはなし
佐藤勝彦

ちょっとおもしろそう


ムショメシ
ムショメシ
川保 天骨,籔中 博章

案外豪華。もっと詳しくみたい。


大島弓子セレクション  セブンストーリーズ
大島弓子セレクション セブンストーリーズ
大島 弓子

グーグーだって猫である、も読みたいなー


一千一秒物語
一千一秒物語
稲垣 足穂

確認してないけど、
これって、島本理生さんの『一千一秒の日々』の、
タイトルのネタだった気がする。


ブタフィーヌさん(1)
ブタフィーヌさん(1)
ほぼ日刊イトイ新聞,佐藤 卓

かわいすぎる。
ほしい。

ブタフィーヌさん(2)
ブタフィーヌさん(2)
たかしまてつを

そろえたい。


京都和菓子手帖 (act books)
京都和菓子手帖 (act books)
佐藤紅

色が鮮やか。
和菓子屋さんもめぐりたいなぁー


読書 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0)
最近の読書
今日届いた本。

通勤電車で座る技術!
通勤電車で座る技術!
万 大

大分前に話題になった本で、
そのときから気になっていたんだけど、
書名がわかんなくて、
検索してもでてこなくて、
半ばあきらめていたのに、

この前の情報処理入門の授業で教えてもらった、
Webcat Plusで検索したらでてきた。
わーい
これから読みます。



つぎ。

ぶらんこ乗り (新潮文庫)
ぶらんこ乗り (新潮文庫)
いしい しんじ

新潮文庫の100冊のトートが欲しくて買って、
とはいえ読みたかったやつですが。

で、まだ読んでませんでしたが、
昨日読みおわりました。

なんかこわかった。

弟が大人びてるとこが、
「アムリタ」と似てるなぁって。



それから、
今日図書館で借りた本。

ほぼ日刊イトイ新聞の本
ほぼ日刊イトイ新聞の本
糸井 重里

私の使ってる手帳の、
ほぼ日刊イトイ新聞の本。

なるほどな言葉がいろいろあります。


読書 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/6PAGES | >>